行政書士

行政書士の資格取得で感じたメリットBEST5【デメリットも紹介】

資格あり、資格なし道しるべのイラスト

行政書士は、法律系資格の登竜門的な位置づけになっているものの、法律初学者では800時間以上の学習時間を要すると言われており、誰もが簡単に合格できる試験という訳ではありません。

しかし、これだけの時間を割く必要があるにもかかわらず、ネット等では、行政書士の資格取得に対するネガティブな情報が散見しています。このことは、これから資格取得を目指している人にとっては、とても気になるものではないでしょうか?

私自身が行政書士の資格取得をしたのは、彼是20年も昔の話です。その間、独立開業をしたことも、資格を活かして法律事務所へ就職したこともありません。にもかかわらず、20年の間には、行政書士を取ったことによるメリットを感じることが多々ありました。

これまで行政書士として働いたことのないにもかかわらず、なぜ、行政書士の資格取得でメリットを感じることができたのか。資格取得から20年が経過した未登録行政書士が本音を話します。

しらす♂
しらす♂
行政書士の資格は取って良かったの?
おじさん
おじさん
もちろん、良かったよ
にぼし♀
にぼし♀
だったら、もっと早く開業すれば良かったじゃない。資格を取ったはいいけど、使えない資格だと思っていたんでしょ?
おじさん
おじさん
まあ、昔はそんな風に考えた時期もあったかな。でも、資格を取って20年の間には、良かったと思うことがたくさんあったんだよ。これから詳しく説明するから聞いていてね
こんな人に読んでもらいたい
  • 行政書士の資格取得のメリット・デメリットを知りたい人
  • 行政書士の資格取得して良かったエピソードを聞きたい人
  • 行政書士の資格取得のためのモチベーションをあげたい人

スポンサーリンク



行政書士の資格取得で感じたメリットBEST5 

ランキングの文字イラスト

行政書士の資格取得によって感じられるメリットは、資格を目指した目的によっても大きく変わるものです。しかし、目的に関係なく、資格取得をすれば多くの人が感じることができるメリットがあります。

今回ご紹介するメリットは5つ。私の資格取得から約20年経過した経験をもとに、ランキング形式にしてみました。早速、第1位から発表していきます。

第1位 法律リテラシ―が向上する

年齢を重ねれば重ねるほど、仕事でもプライベートでも、契約に関する手続き等重要な判断を求められる契約機会は増えていきます。また、知識不足により直面した問題をさらに大きくしてしまうこともあります。

このときに役立つのが、行政書士で学んだ法律知識です。残念ながら、行政書士の資格取得をしても、税理士でいうところの税金に関する知識のような専門性が身につく訳ではありません。

しかしながら、行政書士の試験科目が、法令科目(基礎法学、憲法、行政法、民法、商法)から、一般知識(政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解)まで、その科目が多岐に渡っていることから、1つ1つが深く掘り下げた知識とは言えなくても、法律に関係する知識を幅広く身につけることができます。

これにより「これは、あの条文に関係してくることかも?」等、基本的な法律に関する目次が頭の中にできあがります。何かのトラブル等に直面した際、この法律に関する目次が頭の中に浮かぶ状態になることで、「んっ?これは、なんとなくヤバいかも・・・」となり「ちょっと調べてみよう」という風に、危ない橋を渡る前に一歩踏みとどまることができるようになるのです。

このなんとなくでも、「ヤバいかも・・・」と感じることができることが、日常の生活におけるさまざまなリスク回避につながる重要な能力につながります。

世の中的にもコンプライアンスを初め、法令に関する知識の需要は高まっています。しかし、そのために法律を勉強するということだけでは、なかなかモチベーションは上がりません。しかし、行政書士の資格取得という目標があれば、その心配も不要です。

以上、行政書士の資格取得のメリットとして、もっとも実用的で誰しも感じることができるものとして、第1位としました。

【行政書士の資格取得して良かったエピソード①】
私は両親を既に亡くしていますが、父が亡くなった際、私は父の財産を相続放棄しています。父は生前、個人事業主として仕事をしていましたが晩年は順調とはいえず、自己破産をしたこともありました。

すでに復権はしていたものの、当然のことながら、父に財産はなく、あるとすれば借金等の負の遺産。しかし、亡くなった直後に父に借金があるのか知る由はありませんでした。

自己破産後に借金をするようなことはなかったものの、唯一気になったていたのは父が自己破産前に誰かの連帯保証人になっていないかということ(連帯保証人は相続者にも承継されます)。個人事業主だった父は、同業者との付き合いも多く、その可能性があったのです。

このような事実を踏まえて、私は相続放棄という手段を選択します。結果としては、父の死後、1年以上経過した現在まで、父に対して支払催促等の通知はありませんが、連帯保証人の債権者は、いつどのように現れるかわかりません。

わずかな可能性とはいえ、人生を破綻しかねないリスクを断つことができたことはよかったと思っており、行政書士の知識がなければ、このような判断をすることはできなかったと考えています。

第2位 金を稼ぐ手段が増える

行政書士の資格取得をする理由として、独立開業して一国一城の主になりたいと考える方は多いでしょう。実際に行政書士資格は、比較的開業しやすい資格といわれています。最近では、副業ブームもあり会社員をしながら週末開業を選択肢に考えている人も増えています。

しかし、行政書士で「金を稼ぐ」のは、必ずしも独立開業の手段だけではありません。行政書士という肩書きを手に入れることで、信頼性や権威性を身につけることができます。

クラウドワークス等でのライターとして、またブログやYouTube等の情報発信者として、行政書士の肩書きは有効な「金を稼ぐ」ための武器となります。

会社員等の1つの収入源だけでなく、金を稼ぐ手段が複数あるということは、現在の不安定なご時世の中で、リスクヘッジとして大きなメリットになります。

行政書士の資格取得して良かったエピソード
私は現在、行政書士として開業準備中ですが、行政書士だけで食べていこうとは考えていません。それは、行政書士で開業しても、すぐに稼げるような甘い世界ではないということもありますが、行政書士としての仕事以外でも稼ぐ手段はあると考えているからです。

今こうして、行政書士に関するブログを書いていることも、その一つ。行政書士という資格取得をしたからこそ書くことができるブログなのです。行政書士という立場を活かしブログ運営していることは、クラウドワークス等の公募等においても優位に働くことが期待できます。

事実として、現役の行政書士はもちろん、元行政書士や行政書士開業予定者等、行政書士の名がついたライターが数多く存在しており、今後は本業としての行政書士だけでなく、ライター業も視野に入れることもできます。

コロナ禍により、ますます不安定な世の中となり、今の仕事がなくなってしまう不安を感じている人も多いでしょう。だからこそ、金を稼ぐ手段を増やしておくことは、生活をしていくためのリスクヘッジとして大切です。

ブログは金を稼ぐ手段として、元手がほとんどかからない魅力的なプラットフォーム。そして権威性や信頼性が重要視されるブログは、行政書士としての知識を活かす場としてもメリットがあります。ブログに少しでも興味を持たれた方は、是非下記の記事もご覧ください。

ブログのロゴ写真
【PV数&収益額を公開】誰でもやる気になれる!中高年がブログを始めるべき5つの理由中高年でブログを始めようと考えている人は必見!年齢に言い訳をして、新しいことに挑戦することに躊躇してる人はいませんか?中高年だからこそブログで稼げる可能性があります。50歳目前にブログを始めた実体験をもとに、ブログを始めるべき5つの理由をお伝えします!...
hitode
ブログ初心者の神!ヒトデさんがすごい8つの理由【オススメ記事と動画も紹介】ブログを始めたい人は、この人の言うことを聞けば間違いなし!誰もが認めるトップブロガーヒトデさんがすごい8つ理由を詳細に解説。オススメのブログ記事にYouTube動画も併せてお伝えします!...
本とクローバーのイラスト
ヒトデ本VSマクサン本を徹底比較!稼ぐためのブログ本として買うならどっち?ブログで稼ぎたいけど、なかなか収益化できない人は必見!ブログ界では知らない人はいないトップブロガーが書いたブログ本2冊を徹底比較!稼げないブロガーにオススメの1冊をご紹介します。...

第3位 自己肯定感が強くなる

国家資格で8大士業の1つでもある行政政書士の資格取得には、短くても半年から1年、長ければ2年以上かかる人も少なくありません。それだけの労力を費やした結果として資格取得ができれば、その喜びや達成感は格別なものがあります。

一定の世間的な評価ある資格取得した事実は、自信を深め自己肯定感を高めます。これは個人差があるため3位という位置づけにしましたが、実質的には上位2つと変わらない、もしくはそれ以上に資格取得のメリットとして感じていることかもしれません。

特に行政書士の資格取得という目標を掲げ、年間の受験計画を練り、自分の持っている最大限の時間を注いで手にしたものであれば、その過程も含め、その後の人生においても大きな自信となります。自己肯定感が低く、何事にも自信がない人には、特にメリットが大きいと感じます。

 行政書士の資格取得して良かったエピソード③】
私の周りには行政書士という資格の存在は知っていても、行政書士の資格難易度や何をする人なのかを理解している人はいませんでした。もちろん、資格関係のネット界隈で、よく出没する行政書士を卑下する輩も存在しません。

その結果、国家資格であり、しかも士業というだけで「スゴい!」とう捉え方をしてくれる人が多くいました。このことが良い悪いは別にして、少なくとも資格を持っていることに対して「スゴい!」と言われて悪い気がする人はいないでしょう。

安直な考えとはいえ、資格取得ということに対して他人から認めてもらえることは、自己肯定感の向上に良い影響を与えてくれました。

第4位 知識欲・向上心が高まる

行政書士の資格取得のためには、多くの法律や条文に触れる必要があります。そして、受験科目の1つでもある一般常識では、世の中の流れにも意識を向けて学習をしなければなりません。

日常の生活で法律知識が必要になるときはもちろん、法改正や事件事故等のニュースにおいても、特に法律が関係するものには、自然と頭の中に「なぜ」という意識が生まれます。この意識は、行政書士の資格取得前にはあまりなかった感覚でした。

法律リテラシーの向上の中でも触れましたが、行政書士の資格取得により頭の中に基本的な法律に関する目次ができあがります。これにより、法律に関係する情報感度も強くなったことがその要因でしょう。結果として、目次の先にあるより深い知識を求めたくなるのです。そして「なぜ」を解消するために、さらに上の資格取得も視野に学ぶ知識欲や向上心が高まっていきます。

行政書士の資格取得して良かったエピソード
行政書士の資格取得をして間もなく、私は社会保険労務士資格に興味を持った時期があります。これは、行政書士の資格取得をしたことで、さらに知識をアップデートしたいという欲求が高まったからです。

それは行政書士の資格勉強で培った下地があることで、資格試験に挑戦することはもちろん、勉強することに対する抵抗感が少なかったこともあります。

残念ながら、社会保険労務士の受験は、実力不足と当時のアルバイト先から社員採用をしていただけるとの話があり断念することになりましたが、その後も法律に関することに興味を持ち続けることができていることは、大きな財産になっています。

私は現在50歳を目前にして、行政書士の実務を学ぶため、法律を学ぶ人なら知らない人はいない伊藤塾の受講生となっています。

年齢に関係なく、知識欲や向上心はなくなるものではありません。コチラの記事では、実務面の不安を払拭するオススメの行政書士実務講座を紹介しています。

講座風景
【開業準備】実務講座はコレ1択!伊藤塾「行政書士実務講座」を受講する9つのメリット行政書士合格後、実務講座を受講するか迷っている人は必見!実務講座で知名度・実績ともに随一な伊藤塾の実務講座について、実際に受講した体験談をもとに「コネなし、経験なし」の開業予定者の私がお伝えします。 ...

第5位 自己評価のモノサシができる

社会人となって30年近くにもなれば、自分自身の能力が世間一般にどの程度のものなのかを否が応でも知ることになります。そして悲しいかな、周囲と自分の能力を比較してしまうのが人間の性分でもあります。

よくある自己啓発本では、他者との比較は決して行ってはいけないものとして書かれています。そのことについて否定するものではありません。

しかし、自分自身がどれ程のものか己を知ることは大切なことです。それは、他者と比較ということではなく、現実的な自分の能力がどのレベルにあるのかを理解することが必要であるということです。

そのときに行政書士資格をモノサシとして扱うことで、見えてくるものがあります。よく言われる行政書士の資格取得にかかる所要時間は法律初学者で800時間以上とされています。この所要時間に対して、実際に「自分自身が資格所得までにかかった時間はどのくらいだったのか」そして、感覚的なものであったとしても「行政書士の資格取得が簡単に思えたのか。それとも難しいと感じたのか」等、行政書士という資格を通じて、次のステップへの道筋を推し量ることができます

弁護士や司法書士等の更なる難関資格へ挑む場合に、このモノサシが有効になります。当然のことながら、個人差もあり、あくまでも参考程度に考える必要はあります。しかし、闇雲に挑戦するよりも、行政書士の資格取得により得られたモノサシを手に入れることで、より高い精度で人生設計をしていくための判断を下すことができるようになります。

行政書士の資格取得して良かったエピソード⑤】
行政書士の資格取得して良かったエピソード④の中で、社会保険労務士に挑戦しようとしたことをお伝えしましたが、なぜ社会保険労務士を受験しようと思ったのかといえば、1つはステップアップするため。もう1つは、社会保険労務士なら自分の能力でもなんとかなると思ったからです。

行政書士の資格取得したときに要した時間は、ほぼ平均程度。めちゃくちゃ苦労して…という訳ではありませんでしたが、簡単な試験ではないと感じました。このことを踏まえて、次のステップを考えたときに思い浮かんだのは以下のことでした。

  • 弁護士は確実に無理
  • 司法書士は可能性としてあるかもしれないが、時間をかければ確実に取れる保証はない
  • 社会保険労務士なら、時間さえかければ取ることは可能

あまりに安直過ぎるかもしれませんが、自分の能力を見極めることができず、資格試験に多くの時間を費やし、結果合格することができず、人生を棒に振ったという話は珍しくありません。

資格試験に限った話ではありませんが、自分の能力が如何ほどのものかをしっかり理解しておくことは、30年近くの以上の社会人経験を積んできたからこそ、重要ではないかと感じています。

資格取得から20年がたった今だからこそ感じる行政書士のメリットを5つ紹介しましたが、もう一つ加えるとすれば、一生モノの資格であるということ。

だからこそ、私は50歳を目前にして会社を辞め、行政書士での開業を決意することになります。下記の記事では、その経緯について説明しています。よろしければご覧ください。

勤続20年以上の会社を辞めて、行政書士で開業することを決めた7つの理由40歳を過ぎて、新たな道を模索している会社員必見!食べていくことが難しいといわれる行政書士の資格で、なぜ長年勤めた会社を辞め開業することを決めたのか。行政書士で開業準備中のアラフィフおじさんが7つの理由で説明します。...

スポンサーリンク



これだけは知っておきたい!行政書士の資格取得のデメリット3選

デメリットの文字イラスト


行政書士の資格取得は、必ずしもメリットだけがあるとは限りません。私自身はほぼメリットしか感じることはありませんでしたが、そのときの状況や考え方によってデメリットになる可能性があることを3つ紹介します。

行政書士の資格取得には金も時間もかかる

行政書士は独学でも十分に合格できる資格です。しかし、当然のことながら教材等、最低限の受験勉強のための費用は必要です。参考書や過去問程度であれば、書籍代で1万円もかかりませんが、現実的には理解が足りない部分を補足するために、新たな書籍の購入や模擬試験を受けるための費用等が必要となります。

ちなみに私は独学で合格をすることができましたが、実際には多くの教材を購入しており、効率的に学ぶのであれば、資格学校に通った方が結果的には安く済んでいたかもしれません。

また、必要最低限の費用で済ませようとすると十分に理解が進まずに合格できず、もう1年資格勉強のために新たな金と時間を費やすことにもなりかねませんいずれにしても、金も時間もある程度かかることは覚悟しておく必要があります。

社会的に認知度が高く、有益な資格であればあるほど、資格取得には金も時間もかかります。ダブルライセンス取得となれば、尚更のことです。

私は行政書士×社会福祉士のダブルライセンスを取得していますが、基本的には行政書士の資格取得後に社会福祉士を目指すことはオススメしません。詳しくは下記の記事もご覧ください。

福祉のイメージイラスト
行政書士×社会福祉士のダブルライセンスを目指した理由【福祉との相性は良いけれど…】行政書士×社会福祉士とのダブルライセンスに興味がある人は必見!体験談をもとにして、行政書士×社会福祉士のダブルライセンスを目指した理由とメリット、そして必ずしもダブルライセンスをオススメしない理由まで詳しく解説します。...

行政書士の有資格者であることが就職にマイナスになる

よく行政書士資格取得のメリットの1つとして、就職活動に有利になることが言われることがありますが、必ずしもそういうわけではありません。実際はむしろデメリットになる可能性すらあります。

そもそもパソコンや簿記等のスキルとは異なり、法務部があるような大手企業でなければ、法律系の資格を活かせる部署は少なく、履歴書の資格欄に「行政書士」と記入してもアピール材料とはなりません。私自身も就職時の面接で行政書士の有資格者であることに対して、特に触れられることはありませんでした。

私自身は採用側として履歴書を見る機会も多くありましたが、正直なところ、法律系の有資格者は敬遠したい気持ちがありました。それは、雇用契約に関すること等、法律知識を持っていることで、会社側としては扱いにくい存在になりかねないからです。

もちろん、最終的には個人の人間性や能力によるところが大きいですが、面接の席で給与報酬や休日等の当たり前の質問をしても、「ちょっと面倒なにヤツかもしれない」と受け取られかねません。そのため、少なくとも行政書士の有資格者であることが就職に有利になるということは考えない方が無難です。

行政書士の資格取得をしたことで満足してしまう

行政書士の資格取得は、誰にでも挑戦できる資格ですが、逆に言うと明確な目的がないままに挑戦する人が多い資格でもあります。また、どの資格にも言えることですが、取得することがゴールではありません。

しかしながら、資格取得はしたけど、その事実だけに満足して特に次につなげる何かをせずに長い年月を過ごしてしまうケースがあります。

私自身は、行政書士の資格取得直後は、しばらく次のステップへ進むという気持ちにはなれませんでした。半年程度経過してから、司法書士や社会保険労務士の参考書をペラペラし始めましたが、結局のところ、「行政書士を取って何をしたいのか」というもっとも大切な目的が定まっていなかったため、行政書士の資格取得で小休止してしまったのです。

私のようにならないために、行政書士の資格取得は「独立開業のためなのか」「次の資格取得のためのステップなのか」「法律知識を深めたいからなのか」等、その次を意識しながら資格取得に臨むことで、このようなデメリット防ぐことができると感じます。

行政書士の資格取得のデメリットは、他士業の資格取得を目指すデメリットと共通点があります。行政書士合格後に新たにダブルライセンスを目指そうと考えている方は、是非下記の記事もご覧ください。

手のひらに星1つのイメージ画像
ダブルライセンスは必要ない!?行政書士資格一本で開業をオススメする5つの理由【経験談】行政書士とのダブルライセンスを目指す人は必見!司法書士、社会保険労務士、社会福祉士等の行政書士との相性が良いといわれる資格に挑戦し続けた私が、その結果を踏まえて、行政書士一本で開業するオススメ理由を解説します。 ...

スポンサーリンク



まとめ 

行政書士の資格取得により感じることができたメリットBEST5は以下の通りになります。順位は個人差があるとは思いますが、行政書士の資格取得をすれば、誰しもが感じることのできるメリットになると思います。

  • 第1位 法律リテラシーが向上する
  • 第2位 金を稼ぐ手段が増える
  • 第3位 自己肯定感が強くなる
  • 第4位 知識欲・向上心が高まる
  • 第5位 自己評価のモノサシができる

これから行政書士の資格取得を目指す人にとって、注意を促す意味であえてデメリットを挙げるとすれば、以下の3つになります。

  •  行政書士の資格取得には金も時間もかかる
  •  行政書士の有資格者であることが就職にマイナスになる
  •  行政書士の資格取得で満足してしまう

いずれのデメリットも行政書士の資格取得によって得られるメリットと比較すれば些細なものです。50歳を目前にして開業の道を選ぶことができたのも行政書士資格があったからこそ。まさに一生モノの資格です。今まさに行政書士の資格取得を目指している方にとって、少しでもモチベーションの向上につながれば幸いです。

行政書士合格後は、開業を含めてさまざまな選択肢があります。合格後のオススメルートの記事もありますので参考に是非ご覧ください。

ルートの文字イラスト
開業予定者必見!行政書士合格後の9つのルート【オススメルートBEST3も紹介】行政書士合格者は必見!行政書士合格後のルートは、すぐに開業する人もいれば、実務経験の場を求めて就職する人等さまざまです。そんな数ある合格後ルートの紹介とともに、私自身の体験談をもとにして、オススメルートベスト3を紹介します! ...

行政書士開業をするためには、資格挑戦から開業まで多くのステップが存在します。私自身の体験談を中心にして、行政書士開業までの「やることリスト」(詳細記事リンク有)を時系列で解説している「まとめ記事」になります。是非、あわせてご覧ください。

「中高年から始める行政書士」文字イラスト
【中高年から始める行政書士】資格挑戦から開業までの「やることリスト」40代・50代から行政書士開業を目指している人は必見!「資格取得前まで」「資格取得から開業決断まで」「開業決断から開業に至るまで」の3ステップごとの「やることリスト」を紹介。「やることリスト」ごとの詳細記事へのリンク有!...
スポンサーリンク