行政書士

40代・50代から転職して行政書士開業はアリ?ナシ?脱サラ前にしておくべきだった3つの後悔

転職のイメージ写真

 40代・50代から転職には、リストラ等のネガティブなイメージがつきまとうものです。
 その点、行政書士開業を目的としている場合、第二の人生として新たな道に進みたいというポジティブな理由で転職を考える人も多いのではないでしょうか。
 
 私自身がまさにこの理由でした。しかし、ポジティブな理由での転職だからこそ、前のめりになりすぎて、本来ならもう少し準備を進めておくべきことをせず、退職後に「あれをやっておけばよかった・・・」と後悔することも少なくありません。
 
 本来であれば、退職するまえに考えるべきことも、私の場合は、勢いに任せて行政書士への転職を考えてしまった経緯があります。だからこそ、行政書士開業を考えている脱サラ前の人に向けて、退職して1年が経過した今だからこそ言える「脱サラする前にやっておくべきだった後悔」について解説します。在職中ならば、まだ引き返すことも可能です。一歩立ち止まって考えましょう。

こんな人に読んでもらいたい
  • 脱サラして行政書士の開業準備をしている人の体験談を聞きたい人
  • 脱サラして行政書士開業を目指した後悔について知りたい人
  • 会社員のうちだからこそ、やっておくべき開業準備を知りたい人

スポンサーリンク



脱サラして行政書士開業することを後悔しているのか?

 こんなテーマの記事を書いているということは、脱サラをして行政書士開業を目指したことに対して「後悔しているのでは?」と思われるのではないでしょうか。
 結論からいえば、脱サラしたことも、転職として行政書士を目指していることも後悔はしていません。
 ただし、行政書士の開業準備は、会社員のうちに、もっと早く進めておくべきだったと感じることがあります。

 開業準備を早く進めておくべきだったと思うものは、主に以下の3つの事項になります。

  • 行政書士以外の収入源となるものを確保しておくべきだった
  • 行政書士実務に関する最低限の知識を身につけておくべきだった
  • 行政書士業務の集客経路をつくっておくべきだった

 上記事項について、脱サラ前にまったく考えが及ばなかった訳ではありません。しかし私の場合、年齢的なことから少しでも早く実践の場に身を移したいという焦りもあり、開業準備らしいことは一切せずに退職を決断をしてしまったのです。
 その結果、退職後の今になって、会社員のうちだからこそ開業準備としてやれるべきことがあったのではないかという後悔を感じています。
 日本行政書士連合会が2018年に発行した『月刊日本行政 10月号』(日本行政書士連合会)によれば、行政書士の年齢構成は40代以上が驚きの90%以上。本来、年齢などで焦る必要はなく、むしろ、会社員という安定的な立場を利用しながら、じっくり開業準備しておけばよかったのです。

 行政書士業界で40代・50代は、実はまだ若手であるという事実は、私自身が行政書士開業を決めた理由の1つでもありました。この年齢だからこそ、行政書士開業をするメリットは他にもあります。
 その一方で退職後に待っているのは、さまざまな役所関係の手続きと健康保険等の税金の支払いです。詳しくは下記の記事をご覧ください。

勤続20年以上の会社を辞めて、行政書士で開業することを決めた7つの理由40歳を過ぎて、新たな道を模索している会社員必見!食べていくことが難しいといわれる行政書士の資格で、なぜ長年勤めた会社を辞め開業することを決めたのか。行政書士で開業準備中のアラフィフおじさんが7つの理由で説明します。...
健康保険のイメージ写真
脱サラ行政書士は必見!健康保険任意継続制度のお得な利用方法【国民健康保険との比較も解説】脱サラして行政書士等の個人事業主やフリーランスになる人は必見!退職後に必ずしなければいけない健康保険の切り替えについて、私自身の体験談を交えながら、確実かつお得に手続きを完了させる方法について解説します!...

脱サラ前にしておくべきだった3つの後悔

 脱サラから1年間経過した開業準備の過程の中で、私自身が感じた後悔は主に3つあります。いずれも開業準備不足に関するものであり、誰の許可も必要なく、大きな費用も掛けずにできるものです。これから退職を考えている人は、一歩立ち止まって、在職中に少しだけでも触れてみることをオススメします。

副業をしておくべきだった

収入の不安がある…

 会社を辞めて、一番の不安はなんといっても収入がなくなることです。それは、十分な資金を用意していたとしても、毎月一定の額が銀行口座からなくなっていく不安は体験してみないと実感は沸かないものです。
 この不安をなくすためには、行政書士業務とは別の収入源を確保すること以外にはありません。これは、行政書士開業者の多くが、行政書士業務だけでは、すぐに生活できるレベルの収入を得ることが難しいためです。そこで必要となるのが副業スキルです。

 副業をするなら、そもそも会社員のうちに行政書士を副業として始めるのが一番手っ取り早い話になります。しかし、副業を解禁している企業はいまだに少なく、多くの会社員にとっては現実的ではありません。実際に私自身も副業は不可の会社に勤めていたため、副業行政書士は諦めざる負えない事情がありました。 
 
 一方、本業の仕事に支障をきたす恐れや会社の機密情報が流失する可能性がある場合等を除き、ちょっとしたお小遣い稼ぎレベルの仕事であれば、副業することを諦める必要はありません。
 ネットの普及により、匿名で仕事ができる仕事も増え、副業の選択肢も大きく広がっています。「誰でも簡単に高収入!」なんて上手い話はありませんが、生活の足しになる誰にでも収入を得ることが可能な副業はたくさんあります。

脱サラ前に副業を経験しておけば…【オススメの副業3選】


 行政書士開業を目指している会社員にオススメの副業は以下のとおりです。

せどり
 せどりとは、売価よりも安く仕入れた商品を販売することで利益を得ることです。一部のマナー違反者や悪徳な転売業者等によって、よくないイメージを持たれる方もいますが、せどりをやること自体は違法な行為ではありません。
 しかし、以下の場合には、違法となるため注意が必要です。

  • 古物営業許可を得ずに中古品を販売
  • 酒類販売業許可を得ずにお酒を販売
  • 医薬品店舗販売業許可を得ずに医薬品を販売 
  • チケットやマスク・消毒液の転売
  • 非対面により本人確認ができない仕入れ
  • 偽物、偽ブランド品を販売 など

 ご覧の通り、行政書士の主要業務である許認可等を受けなければ違法となる場合が含まれています。これは副業として収入を得るということからは話は逸れますが、注目に値することです。
 なかでも、古物営業許可は、本格的にせどりをするなら必須のものになります。自分自身の副業のために古物商営業許可の申請をするのであれば、実務の経験にもなり一石二鳥。せどり自体も、今回紹介する副業のなかでも、もっとも確実かつ簡単に収入につながるためオススメです。

◆WEBライター
 昔であれば、ライターなんて専門性の高い仕事を副業でやることなんて考えられませんでしたが、今はネットの普及により誰でもライターになれる時代になっています。
 もちろん、高単価の案件を受任するためには実績を積む必要はありますが、特に資格や経験等がなくても、クラウドワークスランサーズ等のクラウドソーシングといわれるWEBサービスを利用することで、仕事を探すことが可能です。
 行政書士開業後は執筆者としての価値もあがり、高単価の案件を受任できる可能性もあります。年々需要も増えており、確実に収入になるだけでなく、将来的に行政書士の立場も活かした副業としてもオススメです。

◆ブログ運営
 これまでに紹介したWEBライターと比較して、収入を得るためには時間やスキルが必要となりますが、ブログ運営は後述するホームページ作成のスキルにもつながるオススメの副業です。
 現実的には、ブログを収益化するには最低でも半年程度はかかるといわれています。それ以前にブログを始めても半年以内には8割の人が辞めてしまうというデータも存在するほど、副業として収益化するには難しい面があるのも事実です。
 とはいえ、行政書士の資格取得や開業に関する知識のアウトプットの場としても最適で、かつ副業として月100万以上を稼いでいるブログ運営者が少なからず存在しています。
 ちなみに私自身がブログを始めてから収益が発生するまでに要した期間は、ちょうど半年程度。収益というには少なすぎる金額ですが、ブログを副業としてオススメする理由が指数関数的に収益が伸びる可能性があること。大きな期待をしている訳ではありませんが、他の副業にはない魅力の1つでもあります。

※ 実際に副業する場合は、会社の就業規定等、しっかり確認したうえで行ってください。

 行政書士向けの副業はたくさんあります。経験を少しでも積む意味で、会社員時代のうちから始めることがベストではありますが、情報だけでも知っておくことで脱サラ後のイメージもつきやすくなるのではないかと思います。下記の記事も是非参考にしてください。

「中高年から始める副業」イラスト文字
【中高年から始める副業】行政書士向け「攻めの副業」と「守りの副業」行政書士向けの副業を探している人は必見!本業の行政書士業務に支障なくできる副業を厳選紹介。また40代以上の割合が驚きの90%といわれる行政書士の世界で、中高年からでも無理なく始めることのできる副業3選もお伝えします。 ...

スポンサーリンク



基本書・実務書を読み込んでおくべきだった

実務の不安がある…

 行政書士試験と行政書士実務はまったくの別物です。そのため、行政書士開業をするためには、実務を1から学ぶことが必要になります。
 しかしながら、20代・30代であればともかく、40代・50代で実務経験を積むために、ただでさえ求人が少ないといわれる士業事務所等で働くことことは現実的ではありません。そもそも、40代・50代から開業を目指す人は、今さら即独以外の道を選択する人は少ないでしょう。
 
 そうなれば、いち早く開業して実践で実務を学ぶことしか考えられなくなります。事実、多くの行政書士の先生方の意見としても、実務を学ぶ一番の早道は、実際に業務を受任することであると言われています。
 この意見に間違いはないのでしょう。しかし、現在会社員で、すぐに辞める必要がない立場にあるのであれば、少なくとも焦って開業する必要はないのではないかと感じています。

 その理由の1つとして、今は開業をしなくても実務を学ぶための書籍が多く揃っているということです。これらの書籍は開業後も読み続けていかなければならないものです。完全に理解するまでには至らなくても、自分が挑戦したいと考えている業務の基本書(学者等が法律科目の体系を著した専門書)や実務書を読み込むことは会社員を続けながらでも十分にできることです。
 「そんなことはあたりまえでしょ?」と思われる人もいるかもしれませんが、少なくとも私はまったく読んでいませんでした。そもそも、基本書と実務書の区別すらできていなかったのです。

 このような知識レベルの人が開業なんて恐ろしいと思われるかも知れません。しかし、私と同じようなレベルで開業を志している人は案外多いのではないでしょうか(だから行政書士は食えない資格の代表格といわれる原因なのかもしれませんが・・・)。

 行政書士開業のために読んでおくべき本は、たくさん出版されています。当サイトにおいても、今後、基本書・実務書をはじめ、行政書士開業のうえでオススメになる本を随時紹介していきますので、よかったら参考にしてください。

行政書士法コンメンタール書籍イメージ
【開業準備】行政書士実務を学ぶオススメ本①「行政書士法コンメンタール」行政書士で開業予定者は必見!実務を学ぶうえで、まず最初に確認しなければならない行政書士法。しかしながら、現行の行政書士試験においては受験科目となっていません。だからこそ、開業前の必読書として定番となっている「行政書士法コンメンタール」。そのオススメポイントを詳しく解説します。...
行政書士合格者のための開業講義実践講座イメージ
【開業準備】行政書士実務を学ぶオススメ本②「行政書士合格者のための開業準備実践講座」 行政書士の開業準備本ならコレ!「行政書士合格者のための開業準備実践講座」のオススメポイントを紹介。本書の内容を忠実に再現できれば、「開業で失敗しない準備」は万全です!...

脱サラ前に基本書・実務書を読み込んでいれば…

 私は退職後すぐに開業準備のために、実務講座を受講しています。だからこそ、基本書や実務書は実務講座を受講後にじっくり読めばよいという安易な考えをしていたのです。
 しかし、受講して感じたことは、実務に関する予備知識はあるにこしたことはないということです。これは、伊藤塾の講座が初心者にやさしくないということではありません。むしろ初心者向けの優秀な講座です。とはいえ、あらかじめ基本書や実務書を1冊でも通読していたなら、受講内容の理解も格段に上がっていたのではないかということです。
 実務講座を受講することがない場合でも、行政書士登録をすれば、行政書士会が主催する研修会等に参加できるようになります。私のようにならないためにも、少なくとも自分自身が専門業務にしようと考えている基本書・実務書を読み込んでおくことをオススメします。

 伊藤塾の実務講座では、通常の講義の他にも補講があり講師の方に質問ができる場がありました。しかし、ここで質問する人が以外にも少なかったのです。それは、気恥ずかしさから手を挙げられないということもあったかもしれませんが、単純に質問出来るだけの知識量がないことも原因なのではないかと感じました。
 実務講座や開業後の研修会等における質問力をあげるためにも、基本書・実務書でわからないことをピックアップしておくことも重要です。
 もしかしたら、講師の方からも一目置かれ、関係性を築くきっかけになるかもしれません。

 「伊藤塾の行政書士実務講座」について、詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。基本書・実務書をまったく読んでいなかった私でもわかりやすい講座内容でした。

講座風景
【開業準備】実務講座はコレ1択!伊藤塾「行政書士実務講座」を受講する9つのメリット行政書士合格後、実務講座を受講するか迷っている人は必見!実務講座で知名度・実績ともに随一な伊藤塾の実務講座について、実際に受講した体験談をもとに「コネなし、経験なし」の開業予定者の私がお伝えします。 ...

ホームページを立ち上げておくべきだった

集客の不安がある…

 行政書士開業後にもっとも苦労することは、集客できないということに尽きるようです。しかしながら、開業前ましてや会社員のうちに集客のためにできることは限られています。職場の人や友人・知人にも、会社員のうちに行政書士で開業することを話すことは、通常ではありません。
 当然ながら、開業前に営業活動をする訳にはいかないことから、行政書士として開業しても仕事がないのではないかという集客に対する不安は大きくなります。それは集客することは、資金面や実務面と比較して事前対策が難しいことが理由の1つになります。
 とはいえ、マーケティングを学ぶことや水面下で営業をすること等、まったく方法がない訳ではありません。その事前に行える集客方法として、もっとも開業後の集客に直結するものとして、ホームページ作成があります。

脱サラ前にホームページを作っていれば…

 40代・50代にもなると新しいことにはなかなか挑戦したくなくなるものです。おそらく多くの人が「ホームページ作成なんて…」と思うのではないでしょうか。
 しかし、挑戦さえすれば「なんだ、この程度のことだったのか!」と思う人もいるはずです。少なくとも、最近のホームページは想像しているよりもずっと簡単に作成できるようになっています。その理由は、ホームページを作成するためのプラットホームが洗練されていることに加え、ネットで調べればホームページ作成のために必要な情報は溢れています。
 前述した副業でオススメしたブログ運営とホームページの作成は、ほぼ共通のスキルが必要になるため、ブログを始めることができればホームページ作成も難しいことではありません。

 そして、脱サラ前にホームページを作成するメリットは以下の3つ。

  • ホームページをつくる費用を押さえられる
  • マーケティングの知識が向上する
  • ドメインパワーを向上できる

 それぞれ詳しく解説すると…

ホームページをつくる費用を押さえられる
 ホームページを専門業者に依頼するれば、初期費用として30万程度は必要です。さらに注意しなければいけないのが、ホームページの更新やメンテナンス当により、ランニングコストもかかること。業者にもよりますが、費用が高額であることに変わりはありません。

◆マーケティングの知識が向上する
 ネット集客を考えるのであれば、欠かすことができないのがSEO対策の知識です。SEO対策とは簡単に説明すると、Google等のネット検索で上位に表示させるスキルのことを指します。SEOを学ぶことうえで、マーケティングは避けて通れないものであり、必然的に行政書士におけるマーケティングの知識の向上も期待できます。

◆ドメインパワーを向上できる
 ホームページを作成するためには、いくつか必要となるものがありますが、その一つがドメインです。このドメインは、ネット内に割り当てられた住所のようなものと例えられることがありますが、実社会の路線価格同様、ドメインにもドメインパワーといわれるネット社会の価値を表す指標があります。ドメインパワーが強ければ、前述したSEOによりネット検索で上位表示が容易になるといわれています。
 ドメインパワーがあがる要素はさまざまですが、その1つドメイン取得後のサイトの運営歴。ただドメイン取得をするだけでは、ドメインパワーをあげることはできませんが、ドメイン取得後の年月+記事を積み上げていくことにより、サイトの信頼性が高まり、ドメインパワーが向上します。

 行政書士登録をせず、ホームページ上で行政書士を名乗るわけにはいきません。しかし「開業準備中」であることを明記して、ホームページ内に行政書士開業の準備過程を記事にする等、脱サラ前にホームページを始める方法はあります。
 会社員のうちにホームページを完成させ、SEO等のマーケティング知識も身に付き、さらにはホームページのドメインパワーまであがるとなれば、脱サラ前にホームページを作成するメリットは計り知れません。

 ホームページは、ブログを始める知識があれば問題なく始めることが可能です。特に行政書士に関する記事ではなくても、自分自身の得意分野や趣味をテーマにブログを始めることで、ホームページを始める基礎が身に付きます。
 ブログを始めるために私自身も参考にしたブログ界の超有名人ヒトデさんの情報発信は、ホームページ立ち上げにもきっと役に立つはずです。

hitode
ブログ初心者の神!ヒトデさんがすごい8つの理由【オススメ記事と動画も紹介】ブログを始めたい人は、この人の言うことを聞けば間違いなし!誰もが認めるトップブロガーヒトデさんがすごい8つ理由を詳細に解説。オススメのブログ記事にYouTube動画も併せてお伝えします!...

まとめ

 私自身の体験談をもとに脱サラ前にしておくべきだったと後悔していることをまとめると以下の3つです。

  • 副業をしておくべきだった
  • 基本書・実務書を読み込んでこくべきだった
  • ホームページを立ち上げておくべきだった

 いずれも、会社員時代にまったく考えがなかったことかといえば、そんなことはありません。やはり、日々の忙しさで現実的には行動に移すことができなかったというのが正直なところです。
 しかし、すべてとはいはなくても、このうちの1つでも脱サラ前にスタートしていれば、脱サラしてから開業までにやるべきことを多少なりとも軽減できるのではないかと感じます。私のような後悔をしないために、少しでも脱サラ前に開業準備を進めておくきっかけになってくれれば幸いです。

 行政書士開業までのまとめ記事は下記をご覧ください。私自身の体験談をもとに、行政書士の資格挑戦から開業準備までを時系列で解説しています。

「中高年から始める行政書士」文字イラスト
【中高年から始める行政書士】資格挑戦から開業までの「やることリスト」40代・50代から行政書士開業を目指している人は必見!「資格取得前まで」「資格取得から開業決断まで」「開業決断から開業に至るまで」の3ステップごとの「やることリスト」を紹介。「やることリスト」ごとの詳細記事へのリンク有!...
スポンサーリンク